スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙63日 薬とアルコールの危険性

毎晩の晩酌が楽しみな禁煙難民です。
風邪も治ったのでまた毎夜焼酎を煽っています。

さて、よく薬を飲んだときはアルコールを摂取すべきでは無いと言いますが、それはなぜか?

人が薬を服用すると消化され小腸で吸収されます。 吸収された薬は次に肝臓へ行って解毒され一部が代謝されます。その後代謝されたものもされなかったものは血液に乗って心臓へ運ばれ全身に送られます。そして作用すべき箇所で作用した後は肝臓や腎臓を経て体外排泄されます。
この時にアルコールを摂取していると、肝臓はアルコールの処理を優先するため、薬によっては分解されないまま長く血液中にとどまり薬の作用が強まったり、副作用が強く出たりすることがあるのです。

また、いつも飲酒される方はアルコールの代謝(分解)能力が亢進しています。このような人は薬を摂取しても代謝(分解)能力が増大するため体内での薬の分解が早まり、薬の効きにくくなります。(手術時に麻酔が効きにくい等)

他にはアルコールと薬の効果の相互作用で副作用が増強されたり、逆に薬のせいでアルコールの代謝がうまくいかなくなり、悪酔いしてしまったりする場合もあります。

まあ単純に言うと「酒も薬物の一種」なので飲み合わせで効果が強くなったり、逆に弱くなったり、毒性が増したりすることがあるのです。また、薬もアルコールも肝臓で分解されるためアルコール+薬を服用すれば二重に肝臓に負担をかけることにもなります。

※薬を飲む時にお酒を飲んでいなくても日頃の不摂生で肝硬変や脂肪肝をわずらっていると、肝臓に負担がかかるからと処方できない薬もありますので、日頃から休肝日を設けて肝臓を健康な状態で維持することはとても大切です。


まあでも正直そんな簡単に晩酌はやめられないよって人は、薬を飲んだら最低6時間はお酒を飲まない、逆にお酒を飲んだら6時間は薬を飲まないようにして上手にお酒と付き合って行きましょう。(6時間の目安は薬やお酒を飲んでから消化吸収されて体外に排出される時間の目安です。人によっては8時間かかったりと体質によって違いますのでそこは自分で判断してください。)
しかし普通の人は風邪をひいたりして具合がわるい時に酒飲むぞオーイエイヽ(・∀・)ノとはならないので大丈夫かと思いますが・・・花粉症持ちで予防のために抗ヒスタミン剤を飲んでいるとか、元気だけど捻挫して足の痛み止めの薬を服用しているとかそういう場合は医師に相談してください。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【禁煙63日 薬とアルコ】

毎晩の晩酌が楽しみな禁煙難民です。風邪も治ったのでまた毎夜焼酎を煽っています。さて、よく薬を飲んだ

コメントの投稿

非公開コメント

休んでる?

こんばんは、難民♀ちゃん!

そうですか、
僕は毎日晩酌ということはないけど、
『薬を飲んだら6時間!』
肝に命じておきますね^^

しかし、読みながら、
難民♀ちゃんが、ちゃんと休肝日、
作っているのかが気になりました^^
 
それと、難民♀ちゃん、ぶろぐ村に、
ちゃんとping送信してますか?

投稿した記事が、
すぐに新着に表示されていないような…
いい記事なのに勿体無い気がします。

それと、も1つ。
今日(2月6日)投稿の記事で、
こちらのブログ紹介させて頂きました。
お忙しいとは思いますが、
よろしければ確認しておいてくださいね。

ではでは!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

禁煙難民

Author:禁煙難民
禁煙難民♀です。
三十路女がチャンピックスを使って禁煙する日々を日記に綴っていきたいと思います。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
4011位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
908位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
禁煙エリア
現在の閲覧者数:
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。