スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙者=ニコチン中毒 これを病気とみなすべきか? 完全禁煙32日目

正月に愛煙家の親戚と話した時に気づきましたが、禁煙治療が保険適用ということをまだ知らない人が意外と多いんですね。思えば私がこのことを始めて知ったのはテレビのワイドショーだったと思います。
そのワイドショーでは確か例として「喫煙年数が10年以上で一日20本以上吸う人」の場合で初めて禁煙外来を受診した時は三ヶ月間保険適用というような説明だったと思います。
一応ニコチン依存診断テストで5点以上の他に[1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上をクリアしないと保険が適用されないという基準があるので上記の例にしたのでしょうね。

その番組であらかた禁煙治療の流れを説明し終わった後にコメンテーターが
「禁煙失敗してまた吸い出したらもう保険きかないの?」
と聞きました。そして説明していた人が
「二回目以降は実費で・・」
「一回しか保険きかないんじゃ失敗したとき困るね」
うろ覚えですけど、こんな感じのやり取りをしていた記憶があったのですがこれは間違いです。(それともチャンピッスク保険適用スタート時の2008年は保険適用は一回限りだったんでしょうか?)

禁煙治療を受けて禁煙失敗した場合、初診から1年間は保険適応になりません。
つまり
もし禁煙失敗しても初診から1年経てばまた保険適用になります
なので禁煙外来の方で一年後に電話で「保険適用復活しましたよ」と連絡をしてくれるお医者さんもあります。

しかしその再チャレンジ可能回数は5回まで。それ以降はたしか保険適応外となります。
まあ五年かけて五回再チャレンジして失敗すればもう禁煙諦めようと思う人も多いと思いますがこれってちょっと変な話。

まず禁煙外来にて保険適用されている禁煙者はニコチン依存症と診断されているわけですよね。
煙草と同じく嗜好品で、かつ依存度の高いアルコール依存症の場合、治療で抗酒剤という薬が処方されることがありますが、この薬の処方は保険適用内ですし回数制限はありません。
抗酒剤とは服用することでアルコールに非常に弱い体質にして、飲酒するとひどい目にあうちょっと荒療治な薬で、本人がきちんと断酒する意思がある場合に処方されます。本人の意思によってやめるために処方するというところはチャンピックスと一緒ですがこちらは劇薬です。
チャンピックスは服用状態で煙草を吸っても美味しくないと感じる程度ですが、抗酒剤を服用した状態でアルコールを飲もうものならのたうち苦しみ、場合によっては救急車を呼ぶ事態になってしまいます。

ちょっと話がそれてしまいましたが、ニコチン中毒を治療すべき依存症とするなら、1年以上間をあけないと保険適用されないというのは取っ払うべきなんじゃないかなーと思います。
しかし喫煙自体は病気ではないですし、他に依存症となるとギャンブル依存症や買い物依存症?買い物依存症はカウンセリングには保険適用されませんが抗鬱剤を保険適用で処方されたはず。
この保険の線引きはいろいろと難しい所ではありますが、せっかく禁煙するぞって気になった人が禁煙外来受診して禁煙失敗した場合、ヤル気にあるうちにすぐ禁煙再チャレンジしたいと思うんですよね。
一年も間を開けずに治療再開出来たほうがより成功率も上がると思います。

ちなみに三ヶ月保険適用でチャンピックスを処方してもらい、禁煙成功したとします。しかしまだ薬が無いと不安なので追加で処方してもらうことは可能です。その場合も保険適用はならず全額負担です。
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年の決意

大上段に構えるほどのことではないが [・・・/]今年も引き続き禁煙に努めようという至って単純な話しである [うんうん/]もうすでに禁断症状などもないのでグログのネタがなく、今年も

コメントの投稿

非公開コメント

どう思います?

こんばんは、禁煙難民/♀さん!

そうですね。
個人的には『一年以上あけて』というのは、
取っ払うべきだと思うよ。
しかし、政治的に、そうはいかんのだろうねぇ。

それで費用がかさんだら、
嫌煙家団体は、よしと思うかもしれないけど、
国民は反発しそうな気がします…

国民全体は喫煙者が禁煙するのなら、
『お金を払ってもいい』と思うのかなぁ?
どう思います???

そういえば、解析も出来るようになったの?^ ^
頑張ってますね!

お忙しい?

こんばんは、禁煙難民/♀さん!

暫く更新がないですが、
お忙しいのかな?

今日もポチっとだけして行きますね!^^

Re: お忙しい?

( ノ゚Д゚)こんばんわ やっぴろえさん
せっかくコメントしていただいたのに返事が遅くなってしまい申し訳ありません。ちょっとブログのネタ切れ&肩痛めてサボってました。
禁煙治療の保険適用について、将来的に喫煙によって起こる病が減ると考えれば保険適用は一年空けずとも続けても良いと思います。

>国民全体は喫煙者が禁煙するのなら、
>『お金を払ってもいい』と思うのかなぁ?
>どう思います???

いやー思わないんじゃないですかね? タバコ吸わない人からしたら「勝手に自分で吸って自分で命を縮めている奴に非喫煙者が保険料払うなんて馬鹿みたい」って思うのが一般的だと思います。
でもタバコの煙に迷惑している人は「道端でタバコ吸ってる人が減るならよいかも」と思うかもしれないし、「夫が(妻が)吸っているのをやめてくれるなら」とか考え方はそれぞれです。なのでそこのところの線引きというのは本当に難しいですよね。

他のブログもやってるんですが、そちらはアクセス解禁が設置できない仕様でしたし、足跡みたいなのは一部見られたので、今まで設置したことなかったです。結構悪戦苦闘しました 笑
プロフィール

禁煙難民

Author:禁煙難民
禁煙難民♀です。
三十路女がチャンピックスを使って禁煙する日々を日記に綴っていきたいと思います。

最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
5908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1292位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
禁煙エリア
現在の閲覧者数:
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。